北海道建築設計監理株式会社

2016年 - その他

石狩市学校給食センター

コンセプト 既存の給食センターを統合集約して新たな給食センターを建てる計画である。昨今の災害に対して対策を講じた施設となっている。シンプルな建物形状とし、災害による機能停止が生じにくい計画とした。発災時においても炊き出し拠点として機能することができる。
加えて「学校給食施設の区分」に従い、汚染作業区域・非汚染作業区域・その他の区域で区分し、二次汚染防止の対策をした計画となっている。
また、学校給食を提供する施設のため、食に関する知識を学べるスペースとしてアレルギー食対応教室を設けている。
主要用途 工場
構造 鉄筋コンクリート造
階数 2階
延床面積 3418.46㎡
所在地 石狩市

関連実績