北海道建築設計監理株式会社

2017年 - 教育施設

こども園光の子

コンセプト 既存の保育園を定員120 名から210 名にし、さらに「認定こども園」とするために増築及び改修をともなう工事。
既存棟は主に保育を行うエリア、増築棟は主にホールと職員関係のエリアに分かれている。2つの棟をやわらかくつなぐ大きな庇は子どもたちに視認性とインパクトを与えている。
通りに面して開放的なカーテンウォールは既存からコンセプトを継承し、こどもたちが遊ぶ様子が歩いている人からもわかるようになっている。
正面玄関前にはデジタルサイネージによりイベントの告知やなぞなぞを掲示するなど、こどもの興味を引き立て通いたくなる工夫をいたるところに散りばめている。
地域の中では常に入園希望が絶えなく、スタッフの取り組みにも定評のあるこども園である。
主要用途 幼保連携型認定こども園
構造 鉄筋コンクリート造
階数 2階
延床面積 1,260.20㎡
所在地 石狩市

関連実績